HISTORY歴史からみるジークス

代表メッセージ

みなさんこんにちは!
株式会社ジークス代表取締役の渡辺です。ジークスに目を留めて頂いてありがとうございます。
就活の進み具合はどうですか?みんな悩んでいるんだろなあとつくづく同情します。実は、私の子どもも今年就活をしています。私はほとんど何もアドバイスを与えてませんが。

ですがここで一つ、皆さんにメッセージを送りたいと思います。
選んだ会社が将来幸せな生活を送られる基盤となるのかどうかなど、所詮は運だと思います。会社だけでなくどういう仕事を与えられるかも運ですよね。(そんなことを言ったら、元も子もないですかね)
重要なことは、自分で選んで自分で責任を持った人生を送るという覚悟を持つことだと思います。自分の人生を決めるのは誰でもない、アナタです。
さらに言うとですね、社会の、会社の歯車になるような仕事を選択することは、自分の考えで自分の人生を切り開いていくことを放棄しているようなものだと思います。
ものすごいスピードで変化している社会情勢を喝破して将来の予想を立てるなんてことは、誰でも無理でしょう。だからこそ、自主性が発揮できるような仕事を選んで欲しいなあと思います。

メッセージを送るだけでなく、ジークスの自慢も少しだけ。
ジークスでは、社員の人たちの自主性を重んじてまして、人にもよりますが、入社後数年でリーダクラスの仕事が与えられ、責任のある仕事がこなせるようになります。
若い人たちが中心となった勉強会なども積極的にやっておりまして、つねに自分のスキルを磨くことを重点に仕事をしています。
派遣や客先常駐の開発などは一切やっておりませんので、メンバーはジークスの社員としての自覚を常にもって、楽しく仕事をしています。

もっともっとアピールしたいことは沢山あります。
さらにジークスの雰囲気や私のことを知りたいということであれば、説明会へお越しください。
そして会社の雰囲気や現在の取り組みを知りたい方はぜひ”なべこら”を読んでくださいね。

代表取締役社長 渡辺 浩

ジークスの歩み

創業は1994年。当時は、翌年に「Windows95」のリリースが控えるなど、インターネットの黎明期、まさに新しい文化が始まろうとする時期でした。

こうした時代に幕を開けたジークスは、ユーザインターフェースが伴うシステム開発を強みに成長をしてきました。これまでWebのシステム開発や、スマートデバイスのアプリケーション開発など、IT技術を駆使し、人々のコミュニケーションの円滑化に貢献しています。

現在、培ってきた技術力を自社製品の開発に生かし、活躍のフィールドもグローバルに広がってきています。独立系のIT企業として、ジークスは50年続く企業への歩みを着実に進めています。

沿革

1994年 設立(大阪、福井)
主に、マッキントッシュを制御端末としたマルチメディアシステムを開発、販売
1995年 インターネット事業に進出
1997年 本格的にシステム開発事業を開始
1999年 i-mode向けシステム開発を開始
2001年 iアプリ開発開始
2003年 BREWアプリ開発開始
2003年 本社を東京に移動、港区赤坂にオープン
2004年 デジタル動画配信システム、ZYYX TVを発売
2006年 動的サイト対応オープンソースCMS OpenCms の取り扱いを開始
2007年 画期的なパーソナルサイネージ、Chumbyを日本総代理店として発売
2011年 ハイブリッドアプリ開発フレームワーク ダイナミックアプリリリース
2012年 業務拡大に伴い本社を神田神保町に移転
2013年 業務拡大に伴い大阪支社を肥後橋に移転
2015年 フィリピンマニラに、オフショア拠点設立
2015年 iBeaconを使った位置情報検索システム AB-Stamperを発売
2015年 ウェアラブルスタミナセンサー GoMoreを日本総代理店として発売
2016年 業務拡大に伴い本社を神田神保町内で移転